トイレリフォーム 自分でする

リフォーム業者最大5社へ一括見積もり!
比較検討することで格安価格が分かります♪

無料で利用!リショップナビで一括見積もり

トイレリフォームを自分でする(DIY)

トイレリフォーム費用を抑えるために自分でリフォーム
する人も増えています。

 

しかし、トイレリフォームと言っても施工範囲によって
自分でも出来る箇所プロのリフォーム業者に任せた方
が良い箇所があります。

 

費用を抑えたいがために全て自分で実施すると、失敗
して当分の間トイレが使えないといったトラブルに発生
することもあります。

 

ここでは、プロに任せた方が良い箇所、素人が自分でも出来る箇所に分けて
解説をしていきます。

 

プロに任せた方が良い箇所

便器交換

トイレリフォームといえば便器交換が一般的ですが、
便器交換は難易度が非常に高いです。

 

便器交換でとくに難しいのが配管との接合です。
配管は古い便器を取り外してみないと状態が確認
しずらいこともあり、素人ではうまく接合出来ない
可能性が非常に高いです。

 

配管との接合が悪いと、水漏れを引き起こすなど
大変なトラブルの原因となってしまいます。

 

よほどDIYに自信がある方でない限りプロに任せるようにしましょう。

 

電源工事

最近のトイレは必ずと言っていいほど電源が必要
です。

 

トイレルーム内に電源が一つでもあれば良いの
ですがない場合は電源工事が必要です。電源工事は、
電気工事士の資格がないとしてはいけないので
プロに任せるようにしましょう。

 

自分でリフォーム出来る箇所

 

便座交換

便座交換であれば自分で取り外し・設置まで
出来てしまいます。

 

基本は、給水ホースの取り外し→便座の取り
外し→便座設置→給水ホース接続の4ステップです。難しいと思われがちですが、便器と便座はボルト2本を2つのネジで留めているだけです。

 

手慣れた人だと20?30分もあれば出来てしまうので案外簡単です。

 

床・壁紙の貼り付け

 

床と壁の張り替えも簡単に出来ます。
材料はホームセンターに売っているので簡単
に手に入ります。

 

床は基本的にクッションフロアを使うように
しましょう。基本的には両面テープでペタっと
貼るだけです。

 

便器の接触面が少し難しいですが、便器の形に
合わせて切り取って貼るようにしましょう。
壁紙も同様に両面テープで貼り付けるように
します。

 

トイレは比較的狭い空間なので床と壁紙の貼り付けは早く終わります。
施工業者に頼むと3〜5万円はするのですが、自分で材料を購入すれば
1万円以内に抑えることも可能です。

 

デザインの幅も広いので自分好みに出来るのもオススメポイントです。

 

 

>>タンクレストイレに手洗い場は必要?

トイレリフォームに便利な一括見積もりサイト

トイレリフォームの相見積もりは、インターネットから簡単に取得できます。
オススメはこちらのリショップナビの一括見積もりサイトです。

 


こちらの画面からリフォーム内容と郵便番号を登録して「一括見積もり開始ボタン」
を押すと、あなたのお住まいの近くのリフォーム業者が最大5社抽出されます。

施工業者プロフィールを参考に見積もり依頼をしたい業者にチェックして
見積もり依頼をすれば、依頼完了です。


 


リショップナビでは、国が認可した厳しい基準をクリアした業者のみが
登録されています。アフターケアもしっかりしている優良業者のみです。

相場よりも安く納得のリフォームプランを引き出すならリショップナビの
一括見積もりがオススメです。   

リショップナビで一括見積もり