和式 洋式トイレ リフォーム費用

リフォーム業者最大5社へ一括見積もり!
比較検討することで格安価格が分かります♪

無料で利用!リショップナビで一括見積もり

和式から洋式トイレへのリフォーム費用

トイレリフォーム,費用,価格,新築トイレ

和式から洋式トイレへリフォームするときは、
当然のことながら洋式トイレ→洋式トイレへ
リフォームするよりも手間がかかり費用も高くなります。

 

まず、トイレルームの内装、および基礎工事をしなければいけません。ほとんどの和式トイレは、床が底上げされていますので床の工事、そして、配管、電源工事が必要になってきます。

 

内装を洋式用に整えるのに最低でも10万円の費用がかかります。
ここから、トイレ本体の費用、および作業費が上乗せされます。

 

トイレリフォームを自分で器具を購入してする人もいますが、和式から洋式トイレ
にリフォームする場合、基礎工事もする必要がありますので、自分でするのは
かなり難しいです。
そのため、お金はかかりますがリフォーム業者に依頼した方が良いです。

 

トイレ本体については、グレードにより費用は変わって来ますが
和式から洋式トイレへリフォームする場合は、25万円〜50万円の費用が
かかるとみておいた方が良いでしょう。

 

また、トイレリフォームは、半日〜1日で終わるケースが多いのですが、和式トイレから
洋式トイレへリフォームする場合は、2日かかる場合もあります。工事が大掛かりになり
ますので、これは仕方のないことです。

 

和式トイレは様式トイレと比較して清掃も手間がかかり匂いも気になりやすいです。
また、どうしても古い印象がありお友達や親せきがトイレを使うとき不快な印象を
与えやすいです。

 

そのため、お金はかかりますが、今後のことを考えると和式トイレを最新の洋式トイレ
へリフォームするのも検討した方が良いです。

 

基礎工事をしない和式から洋式トイレへのリフォーム

トイレリフォーム,費用,価格,新築トイレ

 

費用がかかる和式から洋式トイレへのリフォーム
ですが、トイレルーム内装の基礎工事をしなくても
洋式トイレにする方法があります。

 

和式トイレの上にウォシュレット便座を設置する
という方法です。最低限の条件として、和式便座
設置の床が底上げされている状態でないとこの方法
は出来ないのですが、安価で洋風トイレへ早変わり
します。

 

ただし、問題点としては、見た目がかなり気になるところです。
いかにも感が強い見た目ですが費用を抑えたいという方はこの方法が良いです。

 

見た目も気になりますし、トイレは一度リフォームしたら最低でも10年以上は
使い続けるものですから、洋式トイレへリフォームした方が良いという意見は
とても多いのが現状です。

 

 

>>トイレリフォーム費用を抑える4つのポイント

 

トイレリフォームに便利な一括見積もりサイト

トイレリフォームの相見積もりは、インターネットから簡単に取得できます。
オススメはこちらのリショップナビの一括見積もりサイトです。

 


こちらの画面からリフォーム内容と郵便番号を登録して「一括見積もり開始ボタン」
を押すと、あなたのお住まいの近くのリフォーム業者が最大5社抽出されます。

施工業者プロフィールを参考に見積もり依頼をしたい業者にチェックして
見積もり依頼をすれば、依頼完了です。


 


リショップナビでは、国が認可した厳しい基準をクリアした業者のみが
登録されています。アフターケアもしっかりしている優良業者のみです。

相場よりも安く納得のリフォームプランを引き出すならリショップナビの
一括見積もりがオススメです。   

リショップナビで一括見積もり