タンクレストイレ メリット デメリット

リフォーム業者最大5社へ一括見積もり!
比較検討することで格安価格が分かります♪

無料で利用!リショップナビで一括見積もり

タンクレストイレのメリットとデメリット

トイレリフォーム費用

 

タンクレストイレは、住宅の新築やリフォーム時に人気のある便器です。
水を溜めるタンクがなく水道に直結しており、見た目がスッキリしているのが特徴です。

 

タンクレストイレを選ぶメリットは、特徴でもある見た目のスッキリ感を挙げられるでしょう。
一般的な便器は後ろに大きなタンクがあるので、圧迫感を感じてしまいます。

 

狭いトイレならタンクのおかげで、さらに狭く感じてしまうほどです。
水道に直結している便器なら、タンクを使う必要がないので圧迫感がありません。

 

さらに便器の高さもタンクレスになることで、30cmほど低くなっています。奥行も
10cmほど短くなるので、全体的にコンパクトサイズになっているのです。

 

ですから、狭いトイレに設置しても広く感じられ、便器を交換しただけで劇的な効果を
感じられるでしょう。タンクレスになるメリットは、掃除のしやすさにも繋がっています。
タンクのある便器だと、タンクも定期的にお手入れをする必要があります。

 

タンクがある一般的な便器はくぼみや凹凸が多く、トイレの掃除が面倒になる原因です。
しかし、タンクがなくなると便器全体がフラットになるので、くぼみや凹凸がなくなります。
掃除が短時間で終わるので、面倒に思いがちなトイレのお手入れが楽になるでしょう。

 

その他にもメリットとしては、タンクに水を溜めないので連続して水を流せたり、トイレが
広く綺麗になるので来客にトイレを貸すのが恥ずかしくないなどがあります。

 

タンクレストイレのデメリットは、一体型であることです。
たとえば、ウォシュレットが故障した場合、その部分だけ交換することができません。

 

メーカーの修理を依頼する必要があり、万が一のときには面倒に感じてしまいます。
また、タンクがなくなることによって、手洗いも同時になくなってしまうのはデメリットです。

 

トイレに手洗いがあったり洗面所が近ければ問題ありませんが、洗面所のない2階
設置すると、トイレから出た後手を洗うため1階まで降りてくる必要があります。

 

その他にもタンクレストイレには、停電時に使いにくい、水圧に注意が必要、価格が
高いなどのデメリットもあります。魅力的なメリットが多数ある人気のタンクレストイレは、
トイレに是非とも取り付けたいかもしれません。

 

しかし、使いづらいと感じるデメリットもあるので、メリットと比較しながら慎重に検討して
自宅のトイレに設置するか決めましょう。

 

 

>>今すぐトイレリフォームしたい場合

トイレリフォームに便利な一括見積もりサイト

トイレリフォームの相見積もりは、インターネットから簡単に取得できます。
オススメはこちらのリショップナビの一括見積もりサイトです。

 


こちらの画面からリフォーム内容と郵便番号を登録して「一括見積もり開始ボタン」
を押すと、あなたのお住まいの近くのリフォーム業者が最大5社抽出されます。

施工業者プロフィールを参考に見積もり依頼をしたい業者にチェックして
見積もり依頼をすれば、依頼完了です。


 


リショップナビでは、国が認可した厳しい基準をクリアした業者のみが
登録されています。アフターケアもしっかりしている優良業者のみです。

相場よりも安く納得のリフォームプランを引き出すならリショップナビの
一括見積もりがオススメです。   

リショップナビで一括見積もり