トイレリフォーム 失敗例

リフォーム業者最大5社へ一括見積もり!
比較検討することで格安価格が分かります♪

無料で利用!リショップナビで一括見積もり

トイレリフォームでよくある失敗例

よくあるトイレリフォームの失敗例を紹介します。

 

トイレリフォームは、決して安い買い物ではない
ですし、一度リフォームしたら最低でも10年は
使い続けることになります。

 

やり直しの工事で余計なお金を使わないためにも
よくある失敗事例から学ぶことは多いです。

 

狭いトイレルームに大きい便器を設置した

 

もともとトイレルームが狭いのに以前よりも大きいサイズの便器
を設置してしまうケースです。トイレルームが広くて余裕がある場合
は良いのですが、狭い部屋に以前より大きいサイズのトイレを
設置するのは良くありません。これは典型的な失敗例です。

 

トイレは、快適な空間でなければいけないのに、窮屈であっては
快適さはなくむしろストレスになってしまいます。

 

より快適な空間にするためにもトイレルームの大きさと設置するトイレ
のサイズは十分確認するようにしましょう。

 

タンクレストイレにしたら水圧が弱すぎて水の流れが悪くなった

 

スッキリしたデザインで人気のタンクレストイレにリフォームする
人が増えています。タンクレストイレは、水を溜め込むタンクがない
ため、水圧が弱いと必要な水をすくい上げることが出来ず、
流しきれないという不具合が発生します。

 

基本的に施工業者は、機種交換はしてくれないので
事前に水圧検査をしてもらうなど、設置可否について施工前に評価を
するようにしましょう。

 

ムードのある照明にしたら部屋が暗くなりすぎた

 

トイレルームのインテリアにこだわりオシャレな空間にするのも
良いですが、暗い照明にしたせいでみずらくなってしまったという
失敗ケースです。

 

清潔性と快適性の観点からトイレルームの照明は明るめが
丁度良いのです。トイレの照明を変えるリフォームをする場合は、
明るさにも十分注意してください。

 

床をフローリングにしたらシミが出来やすくなった

 

フローリングは、カビや湿気に弱いためトイレでは不向きです。
トイレの床の材質は、アンモニア・洗剤・水に強いものを
選ぶ必要があります。

 

一般的によく使われているのがクッションフロアです。
クッションフロアは、洗剤や水に強く、比較的長持ちします。
また、フローリングと比較しても安価です。

 

デザインの種類が豊富なので洗濯の幅も広くてオススメです。

 

 

これらはよくあるトイレリフォームの失敗例なので
同じような失敗をしないためにも十分理解しておくようにしましょう。

 

 

>>トイレリフォームを自分でする(DIY)

トイレリフォームに便利な一括見積もりサイト

トイレリフォームの相見積もりは、インターネットから簡単に取得できます。
オススメはこちらのリショップナビの一括見積もりサイトです。

 


こちらの画面からリフォーム内容と郵便番号を登録して「一括見積もり開始ボタン」
を押すと、あなたのお住まいの近くのリフォーム業者が最大5社抽出されます。

施工業者プロフィールを参考に見積もり依頼をしたい業者にチェックして
見積もり依頼をすれば、依頼完了です。


 


リショップナビでは、国が認可した厳しい基準をクリアした業者のみが
登録されています。アフターケアもしっかりしている優良業者のみです。

相場よりも安く納得のリフォームプランを引き出すならリショップナビの
一括見積もりがオススメです。   

リショップナビで一括見積もり